脂肪溶解

脂肪溶解注射とは

ここでは、脂肪溶解注射とは に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脂肪溶解注射とは、新しい痩身法で、とても安全で安心できるのが特徴です。
また、脂肪溶解注射は、脂肪吸引などのような従来の痩身法と比べると、身体にかかる負担が少なく、さらに費用もかなり安いです。

脂肪溶解注射は、注射により脂肪溶解剤を脂肪組織に注入します。
そうすることで、脂肪を分解し溶解させるのです。
すでに先進国では、美容医療として認められていて、肥満の治療法として取り入れられています。

従来の痩身法だと、身体や日常生活などに負担が大きくかかることがあります。
たとえば、「食欲抑制剤」だと、頭痛がしたりイライラしたりする副作用が起こる場合があります。
「脂肪吸引手術」だと、治るまで約1ヶ月と長い期間がかかってしまいます。
また、手術後に、吸引した部分がボコボコになってしまうので、そこを圧迫しなければなりません。
さらに、麻酔による事故や手術によって死亡事故が起きる場合もあります。

脂肪溶解注射で使用される薬の主成分は「レシチン」というもので、私たちが日常の食事で食べる豆腐や納豆などに含まれるのと同じです。
だから、身体への負担が少なく、とても安全な痩身法といえます。

また、脂肪溶解注射にかかる費用は、脂肪吸引手術の約10~13%でとてもリーズナブルです。
さらに、脂肪溶解注射によって、溶かした脂肪細胞は、再生することがないのでリバウンドは少ないそうです。
このように、脂肪溶解注射は、身体にも財布にも優しい痩身法なのですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。