脂肪溶解

「マグノリア皮膚科クリニック」の施術法

ここでは、「マグノリア皮膚科クリニック」の施術法 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京都渋谷区の「マグノリア皮膚科クリニック」では、メソセラピーを女性医師が丁寧に行ってくれます。
それでは、「マグノリア皮膚科クリニック」で行なっている、脂肪溶解注射の流れを紹介します。

まず、施術を始める前に、カウンセリングを行ないます。
ここでは、脂肪溶解注射がその患者に適切かどうかカウンセリングし、一人一人の治療方針を提案します。
そして、施術する部位や範囲は、患者さんと相談して決めていきます。
不安なことや疑問点などがあったら、このときに遠慮せずに聞いてください。

メソセラピーの経過を把握できたら、クリーム麻酔と痛み止めの内服によって、施術に伴う痛みを軽減します。
そして、メソセラピーを打つ部位をマーキングし、極細の針を使用して、一ヶ所につき20ショット程度打ちます。
そのときの痛みはほんのわずかなので、安心してください。
治療は5~10分程度で終わります。

メソセラピーの施術後は、クーリングを行います。
メソセラピーを行なった後は、腫れや少々の痛みが出現しますが、クーリングを行なうことによって、10分程度でこの痛みが落ち着いてきます。

メソセラピーを受けてから1週間経って、腫れや痛みが和らいできたら、軽いマッサージで血流を促すと、メソセラピー効果がよりアップします。

脂肪が脂肪細胞から溶け出して、血中に吸収され排出されていくには多少時間がかかってしまいます。
そのため、効果が現れるのには、施術してから1、2ヶ月くらいかかることを知っておいてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。