脂肪溶解

メソセラピーの治療方法

ここでは、メソセラピーの治療方法 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メソセラピーの治療では、注射器と同じような、医療用のとても細い針を使用して行われます。
一般的には メソガンという器具などを使って、薬剤を皮膚の下へ注入します。

この方法によって、正確で安全な施術が、細部にまで行うことが可能なので、効率的に施術が進められ、またそれにより短い時間で施術できるようになりました。

メソセラピーで使用される薬剤には、脂肪用のものとセルライト用のものがあって、患者さんの希望に沿って、その薬剤を使い分けています。
施術では、注射を打つ時と同じくらいの少しの痛みがあるくらいです。
それでも痛みに弱い人は、麻酔をしてくれる医院もあるので、そのような医院を選ぶと良いでしょう。

たいてい10分程度でメソセラピーの施術は終了するので、脂肪吸引と比較すると、かなり手軽に受けることができると思います。
ただ、脂肪吸引と同じように 1回の施術で行なえる範囲には制限があるので、何回かに分けて受ける必要はあります。

メソセラピーの術後は、普段と変わらない生活がすぐにできます。
また、メソセラピーを受けた当日は、入院する必要はなく、すぐに自宅へ帰ることができます。
帰ったらゆっくり休みましょう。
注射を打った部位には、多少の赤みや腫れ、痛みが出現することがありますが、1週間ほど経てば消えてしまうので心配いりません。

また、自宅では、マッサージなどのケアを行なうようにしてください。
脂肪吸引手術を行なった場合とは違って、メソセラピーの術後ケアは、とても簡単に行なえるものとなっています。
このように、気軽に受けられるという魅力が、メソセラピーが人気になっている秘訣なのでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。