脂肪溶解

脂肪溶解注射の不安

ここでは、脂肪溶解注射の不安 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「脂肪溶解注射」と聞いても、どのようなものかわかりませんし、危険なものでは、と不安に思う人もいるでしょう。

脂肪溶解注射で使用される薬の主成分は、大豆由来の成分「ホスファチジルコリン」で、大豆レシチンともいわれるものです。
この大豆レシチンとは、生活習慣病の予防やダイエットのために摂取されるサプリメントにも含まれるものなので、体に危害を与えるものではありません。
だから、全く心配する必要ありませんよ。

ただ、大豆由来の成分を使用しているので、大豆アレルギーをもつ人は受けることができません。
また、念のために妊娠中の人はやめておいたほうがいいでしょう。
甲状腺ホルモンに関わる病気をしたことがある人や、血圧を下げる薬を飲んでいる人は、脂肪溶解注射を受ける前に、担当医に相談したほうがいいです。

脂肪溶解注射は、とても安全なものですが、成長期にある子供さんは受けないほうが良いでしょう。
18歳以上ならば安心して受けられます。

また、脂肪溶解注射は、男女問わず受けることができます。
脂肪溶解注射の施術時間は10分程度と短いですし、ダウンタイムもほとんどないので、仕事が忙しい男性でも、お昼の休憩中に受けることだってできます。

さらに、脂肪溶解注射で特徴的なのは、食事制限ダイエットとは違って、リバウンドはほとんどないことです。
これは、脂肪溶解注射によって、体外に脂肪細胞そのものを排泄させるからです。
ただ、リバウンドしないからといって、暴飲暴食は禁物ですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。