脂肪溶解

メソセラピーのアフターケア

ここでは、メソセラピーのアフターケア に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メソセラピーを受けた直後から、腫れてきたり、ほてるようなヒリヒリとした痛みを感じたりすることがあります。
でも、その痛みは10分くらいで治まるので心配いりません。
また、その後も筋肉痛に似たような痛みがしばらく続くことがありますが、それは軽い痛みなので、普段と変わらない生活を送ることができます。
それでも痛みに絶えられない方は、痛み止めを処方してもらいましょう。

メソセラピー後に出現する腫れや痛みの程度は、個人差があります。
きつめのズボンやブーツが履けなくなるくらい腫れてしまう人もいますし、ほとんど腫れが現れなかったり、痛みを感じなかったりする人もいます。
また、注射を打った部位が内出血することもありますが、その跡はたいてい2週間くらいでなくなります。

メソセラピーを受けた後は、次のことを注意してください。
・メソセラピーを受けた当日から、シャワーを浴びることができます。
・大きく腫れてしまった場合は、腫れ止めを処方してもらい、それを内服してください。
・腫れが強い場合には、腫れが治まるまで運動をしないほうが良いでしょう。
・治療してから1週間経ってから、メソセラピーの効果をより高めるために、やさしくマッサージしましょう。

また、メソセラピー効果をアップさせるために、適度な運動をするようにしましょう。
メソセラピーを受けている期間は、普段よりも代謝が活発なので、このときに運動すると、効率よく脂肪燃焼が行なわれます。
運動をする際は、痛みや腫れが治まってから行なってくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。