脂肪溶解

塗るメソセラピー

ここでは、塗るメソセラピー に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脂肪の溶解と燃焼の促進を、塗るだけで実現するという「メソクリーム」と「メソジェル」というものがあります。
これらは、従来のメソセラピーのように注射をする必要はなく、クリームやジェルを塗り込むだけで肌の中まで浸透していき、脂肪の分解と燃焼を促進します。

メソセラピーとは、直接皮下に注入することによって、血液やリンパの流れを促し、余分な脂肪を溶解するという方法です。
ところが、「メソクリーム」と「メソジェル」は、自宅でもメソセラピーと同様の効果が期待できるのです。
しかも、簡単に使用できますし、痛みは全くないので、安心安全なメソセラピーなのです。

「メソクリーム」は、血液の流れを促進させるので、それにより脂肪の燃焼を手助けします。
さらに、脂肪が再び蓄積されるのを抑える効果もあるのです。
メソクリームの主成分であるホスファチジルコリンは、細胞膜には欠かすことができない物質です。
細胞の中や外にある脂肪の輸送をスムーズにし、脂肪の代謝を促す役割をします。
L-カルニチンとコエンチームAによって、脂肪酸が細胞内に運ばれ、ミトコンドリアの中に入り、脂肪の燃焼を促します。
エスクリンは、血液の流れを促進するので、脂肪の燃焼効果があります。
ウンカリアトメントサエキスは、分解された脂肪が再び蓄積されるのを抑えます。
また、食物に含まれる脂肪酸を、細胞内に取り入れないように働きます。

「メソジェル」は、細胞の中と外にある脂肪をスムーズに輸送し、細胞を活発に働かせます。
そうすることで、脂肪の分解が促進されるのです。
メソジェルの主成分は、ホスファチジルコリン、ミツマサイコ根エキス、カフェインです。
ミツマサイコ根エキスとは、古くから中国で使用されてきた薬草です。
脂肪細胞の中で行なわれる酸化が活発になり、脂肪の分解が促されます。
カフェインは、脂肪をため込む酵素を妨げ、脂肪を分解する効果が得られます。

自宅で簡単にメソセラピー効果を実現できるのなら、そんなうれしいことはないですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。